墓じまい

墓じまいに大切なのは「改葬先」です

お墓を処分する「墓じまい」は、50万前後のお金が必要ですし、多くの手順を踏まねばならない大仕事です。中でもお墓の中の遺骨をどうするかということは、墓じまいの最初で最大の問題になります。この「改葬」だけでも実に多くの選択肢があります。
大きく分けてひとつめは、「永代供養墓」や「合葬式墓地」と呼ばれる寺社や公営墓地が管理する墓地に合葬してもらう方法です。これは最もポピュラーで親族の反対に遭うことが少ない方法になります。ふたつめは「散骨」です。こちらは「自然に還る」イメージや、新しいお墓を準備する必要がないことから、最近では選択する人が増えています。
似たものに「樹木葬」などもあり、どちらにしても改葬届けのような書類がいらない改葬方法です。そして最後は「自宅で保管」する方法です。何かの事情や心情で、お墓でなく手元で供養したいという人がこの方法を選びます。
また、最近では自宅で保管するために、遺骨を清潔にして小さな骨壺に収め直してくれる会社があるため、この方法は以前よりもやり易くなりました。このように「改葬先」の決定は、墓じまいにとって核となるような重要なものです。家族、親族と話し合って、最善の方法を選ぶようにしたいものです。

最新の記事

イチオシ記事

  • 墓じまいにの為に嫁ぎ先ので合葬墓を検討

    私は一人っ子で飛行機で移動する地に嫁いだ為に将来、自分の実家のお墓をどうするのかを私側の親族は1番心配をしています。今は3年に1度、帰省ついでにお墓参りに行くぐらいで普段は祖母が墓守をしておりま…

    もっと詳しく

  • 墓じまいに大切なのは「改葬先」です

    お墓を処分する「墓じまい」は、50万前後のお金が必要ですし、多くの手順を踏まねばならない大仕事です。中でもお墓の中の遺骨をどうするかということは、墓じまいの最初で最大の問題になります。この「改葬…

    もっと詳しく

  • 母の終活からみた~墓じまい

    わたしには、高齢の母がいます。最近、「今までお世話になったお寺のお父さんのお骨を別のところへ移すことにした」と電話がありました。うちは跡継ぎのない三人姉妹なので自分が亡くなったあとのお墓のお世話…

    もっと詳しく

  • 墓じまいとその後

    墓じまい、これは若い世代の人たちにとってはあまり聞き馴染みのある言葉ではないかもしれません。ですが、女の子しか生まれなかった家庭の娘さんなんかには、将来的に関係してくる話題だと思います。かく言う…

    もっと詳しく